コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

天才を出産する最適年齢

漢方を勉強しに東京へ行ったのは、13~4年前のことです。
その頃は、26歳?だったかな?
漢方の勉強もそこそこ進んで来た頃、
中医学の先生との雑談で、出てきた話ですが、

天才を出産する最適年齢がある!
と、
お母さんが24歳のときに出産した子供は天才になる確率が高い!
イチローもお母さんが24歳のときの子供だと!


「ええええ~~~~!」
「まじで~?」
「もう終わってるやん!」

とすでに20代後半の私や友人が叫んでしまいました。

女性のホルモンのグラフが一番高くなるのが21歳から28歳なので
その丁度真ん中ぐらいが良いそうです。

が、

私自身もそうですが、そんな都合良い時期に
早々結婚出来る訳もなく、
実際は、31歳で結婚しましたし、
出産は、38歳でしました。

漢方を勉強していくと、分ったことですが、
要は、良い卵と良い内膜が必要という事でした。
どうしても、女性は年齢を重ねていくと、
卵が劣化しやすくなり、内膜の弾力が低下するそうです。

特に、高齢になってくると卵の中の遺伝子に傷が付きやすいんだそうです。
すると、先天的に問題のある子供が出来やすくなったり、
内膜が良くないと、赤ちゃんに十分な栄養が行きにくかったり、
と健康な子供が生まれる率が下がるだそうです。
(><;)


それに対抗するのが、漢方薬です!!!

漢方薬で、補腎や補血をすることによって、
卵の状態や内膜の状態を良くする事が可能なのです。

私自身も、薬屋なのを良い事に値段を気にせず漢方薬を、
ガッツリ飲みました。
西洋医学の病院にもお世話になりましたが、
結局、自然妊娠で出来ました。
漢方を飲んだおかげで、健康なチビに恵まれました。

天才児を・・・!とまでは行かなくても、
健康な赤ちゃんが欲しい方は、
妊娠の準備に漢方薬を飲まれる事をお勧めします。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くすりや ま~ちゃん

Author:くすりや ま~ちゃん
神戸元町通 漢方専門 東洋薬店
薬屋ま~ちゃんです!
薬剤師で国際中医(現在、国際中医専門員)や国際薬膳管理師だったりしますが、
漢方や薬膳、飼っているうさぎ(ホーランドロップ)の事や美味しかった物など、お気楽なブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。